複合機をおすすめする理由

意外とかかる印刷コスト

家庭用プリンターの方が月額費用が安いと思っていませんか?

実は印刷量が多い、提案書などカラーの印刷物を多く使用する企業にとっては、 複合機の方が月額費用が安くなることがあります。

家庭用プリンターの場合は都度インクを購入する必要がありますが、複合機でカウンター契約を締結すればどんなに一枚あたりの文章量が多くても、 1枚あたりいくらという定額の支払いになるからです。
カウンター契約をした複合機でのカラー印刷は一枚あたり20~25円が相場と言われていますが、 家庭用のカラープリンターの場合、インクの費用を含めると一枚あたりの金額は、 65円~80円ほどになるという試算もあります。
自社の使用枚数に応じて、家庭用プリンターにするか企業向けの複合機にするか、購入前に一度ご検討されることをお勧めいたします。

複合機の印刷コスト
お電話でのお問い合わせは0120-150-978

印刷品質の懸念

インクジェットプリンターに限りますが、この点は唯一、家庭用プリンターの方が複合機よりも優れている点です。
家庭用のインクジェットプリンターは主に写真印刷を目的に作られており、業務用の複合機はビジネス文書の印刷を目的に作られております。
その為、写真印刷であれば家庭用のインクジェットプリンターの方がレーザープリンターである業務用の複合機よりも美しく映ります(レーザープリンターが写真印刷をできないという意味ではありません)。
これは業務文書の印刷においては、インクジェットよりもレーザーの方が印刷スピードや耐水性などに優れていたからです。
世の中の複合機の多くがレーザープリンターを採用していることがその証明です。
一般的なビジネスで使用する印刷においては、業務用の複合機で十分なほどの品質を維持しておりますのでご安心ください。

複合機の印刷品質について

耐久性の問題

耐久性に関しては、やはりビジネスで利用することを目的に作られた複合機に軍配が上がります。
明確にどの程度とお伝えすることはできませんが、ある複合機の開発者が言うには、耐久度に関しては家庭用のプリンターとは「桁」がひとつもふたつも違うそうです。
しかし複合機であっても頻繁にトラブルがあるというのは、皆様もご経験があるのではないでしょうか。
話が逸れてしまいますが、複合機を選ぶ時にはメンテナンスが受けられるかどうかも重要な指標になってきます。
また家庭用プリンターに多い「インクジェット型プリンター」で見過ごされがちなのが、テストで印刷を行わないと色が変わって出てきてしまうということがあります。
皆様も写真の印刷で一番初めの印刷は予想とは違う色になってしまったことはあるのではないでしょうか。
複合機をはじめとするレーザープリンターはこうした色の変化も少なく、スピーディに業務に取り掛かることが可能です。

コピー機の耐久性について

このページの先頭に戻る

お電話でのお問い合わせは0120-150-978

印刷速度

家庭用プリンターと業務用の複合機で最も差が実感できるのが印刷速度ではないでしょうか。
現在、家庭用プリンターの最上級のモデルでは、A4サイズでカラーを印刷すると1分間に10枚程度が限界ですが、業務用の複合機では低価格帯の機種でも1分間に20枚以上印刷できるのが標準的で、印刷速度には2倍以上の開きがあります。(2014年1月調べ)
少しの時間ではありますが、一度体感してみるともう家庭用プリンターには戻れないということを感じて頂けると思います。

コピー機の印刷速度
複合機導入に関するお問い合わせフォームへ レーザープリンターのランニングコストについてはコチラ!

このページの先頭に戻る

NEXT: コピー機の導入方法について

起業・独立などビジネススタート時のOA機器導入を分り易くまとめたスタビジ.JPです

Copyright (C) STARTIA, Inc. All Rights Reserved.